GTMでGAのクロスドメインができない時のチェックポイント

GTM・GAのテクニカルサポートをしていて、最もご相談の多いトラブルが「クロスドメインの設定が上手くいかない」というものです。

そこで多くの方がされている設定ミスの例をご紹介しますので、もしお困りの方がおられたらチェックしてみてください。

1.Googleタグマネージャでのチェックポイント

まずはGTMの設定でよく見られる設定ミスは下記の2点です。
特に(1)のフィールド設定ができていない事例が結構多いので、ご注意ください。

この他、ごく稀にではありますが、

  • 実はドメインごとで設置されているGTMタグのコンテナが違っていた
  • 実はドメインごとで設定されているGAのプロパティIDが違っていた

といった事例もありますので、あわせてチェックしてみてください。

2.Googleアナリティクスでのチェックポイント

次にGAの設定でよく見られる設定ミスは、参照元除外設定の設定ミスです。
今まであった設定ミスのパターンは以下の4つでした。

  • 参照元除外設定の設定忘れ、または一部ドメインの記載もれ
  • ドメインの記載ミス
  • ASPサービス移行時にドメインを追加するのを忘れていた
  • ドメイン設定時、GTMの設定のように「,」(コンマ)区切りでドメインを記載していた

クロスドメイン設定でお困りの皆さま、ぜひ一度チェックしてみてください。