Googleデータポータル超入門1 – 初期設定

アクセス解析関連

大阪でも今年の春ごろから、Googleデータポータル活用についてのご相談を頂くことが急激に増えてきました。

そこで「なんかよう分からんけど一度試してみたい」というWeb担当者様向けに、
第1回: 初期設定の方法 ←今回の記事
第2回: 簡単なレポートの作り方
の2回に分けて、Googleデータポータルの基本的な使い方を説明していきたいと思います。

今回の「超入門」では、Googleアナリティクスの解析レポートを作る場合を例に、操作方法を説明します。

手順1. Googleデータポータルの画面を開く

Googleで「データポータル」または「Googleデータポータル」と検索すると、ログイン画面が出てきます。
下図の検索結果のように、ヘルプページが検索1位に出てくることもありますので、ご注意ください。

ログイン画面に移動したら、下図右上の「ログイン」または「無料で利用する」のボタンをクリックしてください。

手順2. GoogleデータポータルとGoogleアナリティクスを連携する

ログインすると下図の画面が表示されますので、まずはレポート雛形の作成に必要なデータ(今回の場合はGoogleアナリティクス)を連携していきます。
画面左上の「作成」ボタンをクリックして・・・

さらに「データソース」のリンクをクリックしてください。

データソース選択画面に移動したら、アイコンリストの中から「Googleアナリティクス(下図赤枠)」をクリックしてください。

すると、データ連携の承認画面が出てくるので、下図の順番にクリックして・・・

下図のように、データ連携させたいアカウント・プロパティー・ビューを選択して「接続」のボタンを押します。

連携が完了すると、下図のような画面が出てくるので、画面左上のロゴをクリックして、データポータルのトップ画面に戻ってください。

トップ画面の「データソース」タグをクリックすると、データリストに連携させたデータが表示されるようになります。

なお、データポータルでレポート雛形を作成するときには、Googleアナリティクスの「表示と分析」権限が必要になります。
ただし、一度作成したレポートを閲覧・編集する場合はGoogleアナリティクスの権限は必要ありません。


次回は Googleデータポータルによる簡単なレポートの作り方 についてご説明します。

タイトルとURLをコピーしました